参加企業チェック・企業研究

CFNで参加企業リストをチェック!企業情報のみならず、募集職種や採用条件も調べることができます。企業によってはもっと詳しい情報を見ることができます。キャリアフォーラム開催が近づくにつれ、毎日新しい企業が追加されます。頻繁に参加企業リストをチェックするのを忘れずに。

企業研究って何?

参加企業のチェックをしたら、次に企業研究に取り組みましょう。企業研究とは一見ドライな作業に思えますが、漠然とした『やりたい』『面白そう』という気持ちの確認、具体化、裏づけの作業です。自分のやりたいことや方向性を固めて自己実現に近づくための大事なプロセスなのです。就職活動のプロセスは1.自分を知ること(自己分析)
2.相手を知ること(企業研究・業界研究)
3.行動 (応募、キャリアフォーラム参加、面接、ネットワーキング)
の3つに分けられます。企業研究はこのうちの2番目になり、大事な3要素の1つです。

相手を知ることが企業研究ですが、ただ企業を知るためだけでなく、その企業に対する自分の興味の強さや熱意を改めて探り、確認するためでもあります。また、いざ面接を受ける時に、自分の自己PRと企業の求めているものとが一致しているかを確かめるものでもあります。企業が皆さんのポテンシャルを探る際に、入社してからの活躍する姿をどれだけイメージできるかも重要な要因になります。今の自分に経験がなくても、将来こういった社会人になりたい、このようなキャリアを積みたいといったビジョンを持ち、その会社でどう成長していくのかを相手にイメージしてもらえるようにするために、企業研究は欠かせないのです。

だからといってあまり堅苦しく考える必要はありません。企業研究は就職活動の中でも楽しいワクワクする作業といえるでしょう。どんな企業があるのか、より深く学ぶことで興味の範囲を広げることになるでしょうし、新たな自己発見につながったり、将来の自分のなりたい姿をイメージできるようになったりすると思います。なんとなく沸いた「表面的な興味」を「確実な志望動機」に変えていく事は、働き始めてからこんなはずではなかったと後悔しないために必要なことなのです。

企業研究、どこをみればいいの?

では具体的に企業研究はどのようにすれば良いのでしょうか。まずは関心のある、またはありそうな業界の中の幾つかの企業を調べてみましょう。その中でなんとなくでも興味のある企業があれば、もう少し深くその企業について探ってみましょう。その際、事業内容や企業方針、経営戦略、またライバル会社なども調べるといいでしょう。

事業内容

最初にその企業の事業内容・プロフィールについて探りましょう。企業の提供している商品・サービスは何か、どんな市場を対象としているのかなど把握します。次にどのような供給システムの構造になっているのか調べましょう。供給システムとは、仕入れ、生産、流通、販売までの商品・サービスの流れです。簡単に言うとその企業は何を商品(サービス)とし、どのように商品(サービス)を生産・調達してどういうルートで商品(サービス)を消費者へ届けているのかということです。同じ業界でも供給システムはまったく違う場合があるので注意して確認しましょう。

企業方針・経営戦略

次に希望する企業が取っているビジネス方針、戦略とは何かを把握しましょう。業界の中でのユニークな商品・サービスを売りにした「差別化戦略」なのか。もしくはコストを徹底的に削減し業界で優位に立とうとする「コストリーダーシップ戦略」なのか。それともある特定の市場や製品に絞ってターゲット別に経営資源を集中させる「集中化戦略」なのか。企業のスタイル、方針がこれによって変わってきますので調べておくと良いでしょう。

特徴やライバル企業を知る

企業研究をする際に、ライバル企業との関係を分析してみると分かりやすくなります。ライバル企業に対してどういった強み、弱みを持っているかを理解することによって、よりその企業の方針、スタイルが見えてきます。例えば業界内での競争力はどんなものか、大手がマーケットのコントロールを握っているのか、または業界内への新しいライバルや技術が入り込みやすい状況なのかを探ることで、その企業の将来性や現在の状況、特徴をとらえることができます。

意中の企業がどれだけ自分の想像していた通りなのか、なぜ関心があるのか、入社してからの自分を想像できるかなどは、このように企業研究をして初めて具体化され、志望動機が形になっていきます。興味のある企業が幾つかに絞られてきたら、次は自分にとって最も適している企業はどこかを考えてみましょう。

選ぶ際の項目として次のものが挙げられます。

1.条件(給料、出張、勤務地、労働時間、手当てなど)
2.企業の方針、考え方、社風
3.職務内容
4.キャリアパス

モチベーションをもって働き続けられるような選択を

大学や高校選びの時に制服のデザインから偏差値まで様々な項目を挙げて優先順位を付けたように、就職の時も自分にとって何が最も大事なのかを考えておく必要があります。働き始めると、1日の3分の1から半分近い時間を仕事に費やすことになります。自分が納得して決めた仕事であればどんな環境下であっても頑張れますが、そうでない場合に悶々とした悩みを抱えることにもなりかねません。どんな時でもモチベーションを高く持ち続けることのできるよう、納得の行く選択をしたいものです。

企業研究のやり方あれこれ

まずはインターネットで企業のホームページを見るのはもちろん、その企業や業界についてのニュースを追ったり、専門雑誌などでその企業がピックアップされている記事に目を通しておきましょう。本屋や図書館で関連する書籍を調べるのも良いでしょう。Vault.comでは各業界や企業別に詳しい対策法の本などを販売しています。面接の受け方や聞かれる質問、仕事場での一日、先輩の声など必要な情報が盛り沢山です。また、社員白書 (www.shainhakusho.jp)では、その企業で働く社員が企業の強みや弱み、将来性といったものから、働きやすさ、福利厚生の充実度といったものまで、事細かに情報を寄せています。こういった情報サイトは、企業・OB/OG訪問がなかなか難しい海外大の学生にとっては貴重な資料といえます。

このような資料以上に役立つのがやはりOB/OG訪問です。各学校のキャリア・センターでは「Alumni Network」のリストをおいてあったり、過去の卒業生とのネットワークの仕方を教えてくれるところが多くあります。過去の卒業生に直接電話をかけ、 10分ほど職務内容などについて話をさせてもらえないかなどと聞いてみるのもいいでしょう。自分に興味のある企業にぴったりと合った企業でなくても、様々な現場での情報を得られるはずです。先輩の皆さんは忙しい中、意外と自分自身の職業について話してくれることが多いですから、思い切ってネットワークを活用してみてください。

企業研究を徹底して行えば行うほど自分が何を求めているのか、自分には何が向いているのか、自分の能力がどの企業で発揮できるのかが見えてきますし、自分ならではの説得力のあるPRができるようになります。それが面接の際の『熱意』となり、数多くのライバルと差別化を図ることができるのです。