面接時のマナー

身だしなみ

身だしなみは、最初に面接官の目に入る「あなた自身」です。面接官は面接が始まった瞬間からあなたの物腰や姿勢など外見からも選考を始めています。相手に好感を持たれる身だしなみの基本は、清潔感。髪型、服装、爪、足元は、おしゃれとは異なる社会人の身だしなみとして、きちんと意識しましょう。不潔でだらしない格好は周囲に不快感を与えるだけでなく、「仕事に対する姿勢の低い人」と印象づけてしまうので気をつけてください。また、意外と忘れがちですが、面接前には必ず携帯電話の電源を切ってから臨みましょう。
なお、ストラップがジャラジャラついた携帯電話、シールをべたべた貼った手帳、キャラクターの絵柄が大きくついた腕時計などを持っていると、まだ学生気分が抜けてないと思われてしまいます。面接官の目につく小物は、ビジネスの場にふさわしいものを持つように心がけましょう。

姿勢、挨拶の仕方

姿勢は身だしなみと同様、面接官の目に止まるものです。立ち方一つであなたのパーソナリティを決めてしまうこともあります。面接室に入る前、入った直後の立ち方には特に気をつけてください。肩の力を抜いて背筋をまっすぐ伸ばし、両足をきちんとそろえて立ちます。面接が始まる前に「宜しくお願いします」と挨拶してからお辞儀をします。上体を起こすときはゆっくり上げます。
挨拶、自己紹介は必ず面接を受ける側から持ち出すようにしましょう。最初の挨拶は元気よく丁寧にハキハキ話すことを心がけましょう。「○○と申します。この度はお時間を割いて頂きましてありがとうございます。どうぞよろしくお願い致します」と挨拶をします。女性は両足を揃え、手を膝の上で重ねます。男性は腰幅に軽く開いて座り、握りこぶしを太ももの上に置きます。背もたれと背中の間はこぶし1つ分くらいあけ、背もたれには寄りかかりません。また、貧乏ゆすり、ペン回し、髪の毛をいじるなど、周囲に不快感を与える癖がある場合はすぐに改善しましょう。癖は自分では気がつかないものなので、家族や親しい友人に聞いてみるのもよいと思います。

表情

リラックスしながらも適度な緊張感を持つことが大切です。人前で緊張するのは当たり前ですが、その緊張をコントロールできるかどうかも重要なビジネススキルとみなされます。緊張すると変に笑ってしまって、ふてくされたような態度を取ってしまう人もいますが、態度が誠実でないと見られ、相手にマイナスのイメージを持たれかねないので注意しましょう。

視線

アイコンタクトは非常に重要なコミュニケーションツールです。自分から話している時はもちろん、相手の話を聞いている時もきちんとアイコンタクトを忘れないでください。視線が浮ついていると落ち着きのない人、話に興味がない人といった印象を持たれてしまいます。目を合わせるのに抵抗がある場合は、相手の目の下あたりや鼻を見るようにすると良いでしょう。逆に、相手を食い入るように見るのも相手に居心地の悪さを与えるので、適度に視線を外すことも重要です。

話し方

はっきりとした口調で、明快に話しましょう。小さすぎる声やつぶやくような話し方は好感が持てません。また、最近よく見受けられるのが語尾をぼやかす話し方です。「〜なんですけれども・・・〜ですので・・・〜だと思うんですけれど」と、最後まで言い切らない話し方が多くなっています。多少は問題ありませんが、全ての語尾があいまいだと「話している内容に自信がないのかな」と思われてしまいます。緊張していると早口になったり、声のトーンが弱々しくなったりすることがありますが、焦らず丁寧に、そして自信を持って話すことを心がけましょう。

聞き方

相手の話を最後まで聞き、聞かれた質問の意図を把握してから答えるようにして下さい。面接官は、意図を持って質問しています。つまり、期待する答え方があるのです。それは模範解答を答えろと言うことではなく、「その質問から何を知りたいと思っているのか」を考えて答えるということです。途中まで聞いて早合点をして答えたり、相手が聞きたいと思ったこととは全く別の答えを出すと、「自分に都合の良いように解釈をする人」「理解力が弱いのでは?」といった印象を与えてしまうことになります。

名刺の受け取り方

学生の場合、MBA生以外は大概名刺を持っていないものですので、企業担当者から渡されるケースがほとんどだと思いますが、名刺を受け取る際は必ず立って行います。面接官が複数いる場合は役職の高い人からもらいます。名刺を渡されたら立ち上がり、両手で受け取ります。受け取ったらズボンのポケットやホルダーなどには入れず、テーブルの上に並べて置きます。この際、名刺に目を通すことは失礼にあたりません。また、面接官が複数いる場合は自分から見て並んでいる順に横に並べておき、名前を間違えないようにします。学生の場合、履歴書は名刺代わりとなります。聞かれる前に、着席したらすぐ出せるように用意しておきます。

面接終了後

面接終了後の挨拶ですが、終了後すぐ席を立ってイスの横に立ち、お礼の言葉と一礼をします。部屋を退室するときはドアを開け、ノブは持たずに一礼し、「本日はどうも有り難うございました、大変勉強になりました」「失礼致します」などと添えてドアを閉めます。