自己分析と志望動機を正確に把握

面接に自信を持って臨むには、自己分析をしっかり行うことです。自己分析や自己PRを行う際のポイントについては自分の長所・短所、留学を経て学んだこと、成長した自分などを誰が聞いても分かりやすいようまとめてみてください。自分はどういった素質があるのか、なぜその企業にとって採用すべき人材なのかといった自分のセールスポイントを探りましょう。

自身の経験は具体的かつエモーショナルに

面接官の胸に響くようなPRをするためには、ただありのままの自分を説明するだけでは不十分です。具体的な経験談やその経験に対しての気持ちなども上手に盛り込みましょう。企業は皆さんがその経験を通して何を感じ、どう成長したかを参考にして皆さんの価値観やポテンシャルを推し量ります。大学就職課、卒業生、友人などにサポートしてもらいながら、模擬面接を行うといいでしょう。そして自分が聞き手だったらどのような話が魅力的と伝わるかを考えながら納得がいくまで何度も作り直してください。

自己分析:自分探し・やりたいこと探し

まずは過去の自分からひも解いてみよう

卒業後の自分はどこにいて、何をやっているか全く想像がつかない、何をしたいのかもまだ分からない…。考えれば考えるほど焦りだけが募り、余計に身動きが取れなくなっている方、いませんか?漠然と考えているだけでは行き詰ってしまいます。そこでまずは、先のことを考える前にちょっと後ろを振り返ってみましょう。すでに歩んできた人生からヒントを得るのです。「自分」と改めて向き合ってみると意外な発見があったりします。「就職活動の基礎は自己分析から」とよく言われますが、それは何も就職活動に限ったことではなく、見えない将来と向き合うときの基本中の基本なのです。

最初に、今までの人生を振り返り、経験を整理してみましょう。幼少の頃までさかのぼり、今の自分にどうたどり着いたのかを考えてみてください。様々な経験を通じて今の性格、価値観、人柄がどのように形成されてきたかが見えてくると思います。

経験を整理する方法は人それぞれ、様々なやり方があるのでどんなふうでも構いませんが、例えば自分の年表を作ってみてもいいと思います。幼稚園の頃から小学生、中学生、高校生そして大学生とその時々に経験した嬉しかったこと、悔しかったこと、楽しかったこと、辛かったこと全て洗い出してみましょう。また、家族構成や家族関係など、自分をとりまく環境や事実、そこから形成されてきた自らの性格も把握しましょう。併せて、自分の興味やこだわりのきっかけになった経験を思い起こしてみてください。どんなに些細なことでも構いません

例1)
小学校の頃は一歳しか年の離れていない弟に何事においても競争意識を持っていた。絵を一緒に描いていて弟の方が褒められると強い嫉妬心を感じた。褒められるまで何枚でも描き続けた。大人になっても負けず嫌いは変わらず、一度取り掛かると一番になるまで諦めない性格になった。
例2)
高校で日本各地が抱える環境問題について考える課外授業で、宍道湖の淡水化問題について取り組んだ。周辺に住み、湖と関わる様々な立場の人達から直接意見を聞き、どうすれば問題解決するのかを考え、プレゼンテーションを行った。それまで環境問題にはほとんど興味がなかったが、これを機に環境問題に取り組でいる企業への関心が高まった。

このようにいくつか経験を振り返ったら「なぜ好きだったのか」「どうして興味が沸いたのか」「得意だった理由は何だったのか」を常に考えるようにしてみてください。ここまで具体的に書き出すのは、自分らしい意気込みを実際に就職活動の場できちんと伝えられるようになるための練習です。企業に「やる気は 120%あります!」「大変興味を持っています」「これは人に負けないくらい得意です」と言ったところで相手は自分のことを知らないのですから、どれくらい「やる気」があるのか、誰と比べて「負けない」くらい得意なのか、分かってもらえません。自分の熱意や真剣さを分かってもらうには裏づけとなる過去のエピソードや思わずその光景が目に浮かぶようなストーリーを選んで話すことが大切です。