パレクセル・インターナショナルの企業情報

TOP キャリアフォーラム ボストンキャリアフォーラム 2022 パレクセル・インターナショナルの企業情報

パレクセル・インターナショナル

CRO (Contract Research Organization/ 医薬品開発業務受託機関)

PRメッセージ

Launch Your Career in Clinical Research, With Heart. ~薬を待ち望む患者さんのために、世界中の仲間と臨床開発を推進しよう!~

私たちの魅力

事業内容

活躍の舞台は世界。最先端の環境のなか、共にイノベーションを創り出していきましょう

パレクセル・インターナショナルは、世界約70の拠点に18,000人以上の社員が在籍するグローバルCRO(医薬品開発業務受託機関)です。製薬企業や医療機器メーカー、またときには研究機関や医師から、医薬品や医療機器の開発にかかわる業務を受託し、それらのお客様に代わって業務を遂行しています。 パンデミックにより世界中の人々の健康が危機に晒されるなか、医薬品開発に携わる私たちが果たすべき役割も益々重要になってきています。お客様から受託する試験は、COVID-19関連はもちろん、オンコロジー、中枢神経、また希少疾患や再生医療の分野など多岐に渡っています。 CROの歴史の始まりとほぼ同時に誕生したパレクセル。過去40年の間に世界中で積み上げてきた豊富な実績とノウハウ、そして世界全体を網羅するネットワークを活用し、病で苦しむ患者さんのよりよい未来を創るために、私たちパレクセル社員は組織や国の垣根を超えて日々の業務に取り組んでいます。

ビジョン/ミッション

We do our work, #With Heart

パレクセルのミッションは、病気で苦しむ患者様がより良い生活が送れるよう、世界中のお客様に業界をリードするサービスやソリューションを提供することです。私たちは患者様と直接接するわけではありませんが、私たちの行動全てが患者様に繋がっているという意識を常に持ちながら日々の業務にあたっています。私たちのモットーに”Patient Centricity(患者様第一主義)”を掲げ、患者様の未来を創るために”Deliver with Heart (心を込めて実行する)”を日々実践しています。

企業理念

Diversity, Equity & Inclusion

パレクセルは、Diversity, Equity & Inclusion の考え方をとても大切にしています。パレクセルでキャリアを追及するうえで、性別、年齢、国籍、宗教、社歴の長さなどは何の関係もありません。誰もが平等にキャリア開発できる環境です。 ボストンキャリアフォーラムで出会い、パレクセルに入社してくれた社員のバックグラウンドはまさに多様です。この多様性こそが我々の強みであり、毎年ボストンキャリアフォーラムに参加する大きな理由でもあります。互いの「違い」を認め、刺激し合いながらより高い価値を創造していく社員は、我々の最大の財産であり、誇りです。

私たちの仕事

今回、我々が募集を行う職種は、「臨床開発モニター職 (CRA = Clinical Research Associate」です。CRAの主な役割は、自身が担当する医療機関を訪問し、治験に参加くださっている患者さんのデータを正しく収集することです。 日本のパレクセルでは、受託する試験の7~8割がグローバルスタディ(国際共同試験)を占めます。グローバルスタディでは世界共通のSOP (Standard Operating Procedure)に則ってモニタリングを実施し、報告書も英語で作成します。海外のカウンターパートとのやり取りも発生するため、日本にいながらにして海外とバーチャルにつながっている環境です。新卒1年目からグローバル試験に携わることは珍しいことではありません。 プレシジョンメディスン(精密医療)、アダプティブ臨床試験、リアルワールドデータ/エビデンスの活用など、医薬品開発においてもさまざまな技術革新やイノベーションが生まれるなか、私達もそれらの先進的なアプローチに取り組んでいます。パレクセルで最先端の経験を積み、皆さんのMultilingual, Multiculturalなバックグラウンドを活かしながら世界を舞台に活躍してください! <CRAの海外派遣> モニターの海外派遣:2021年の秋、選抜された6名のモニターをアメリカに半年間派遣しました。選抜条件に年齢や社歴の縛りはないため、数年前にボストンキャリアフォーラムで採用されたバイリンガルの若手社員も数名含まれています。世界共通の方法でモニタリングを行っているからこそ、すぐに現地で業務を遂行することが可能で、このような試みを実施できるのもグローバルCROならではと言えます。 プログラム終了後は半数以上がアメリカのパレクセルに転籍し、現在も、アメリカでCRAとして活躍しています!

働く環境

組織の特徴

Flexible Work Environment

パレクセルは、コロナ禍の前からフレキシブルな働き方を推進してきましたが、現在、世界の全ての拠点で、FWA (Flexible Work Arrangement)プログラムを導入しています。このFWAは、社員のワークスタイルを「オフィス勤務」、「在宅勤務」、「オフィス勤務と在宅勤務のハイブリッド」などいくつかに分類し、部門、それぞれの役割、社員自身の希望などを考慮して働き方を決定するというものです。パレクセルでは、ITツールが整っているため、リモートワークであっても生産性を維持し、チームメンバーとも円滑にコミュニケーションが取れる環境です。 互いに離れた場所にいても情報を共有し、繋がりを保つために、定期的に開催される全社会議に加え、さまざまなテーマを掲げてのオンラインパネルディスカッション、またときには有志によるオンラインヨガや共通の趣味などを持った集まりなども実施しています。 パレクセルは、「柔軟に働くことができる会社」に9年連続で選ばれ、2022年はTo20 にランクインという快挙を達成しています。 もちろん、様々なライフイベントにも柔軟に対応することができており、例えば、育児の観点では、2021年度の女性の育休取得率は100%、男性に至っては、育児休業取得率が50%、取得平均日数が117.6日となっています。日本の男性育児休職の平均取得率は13.97%、かつ、半数以上が取得日数2週間以内となってるので、男女関係なく、柔軟に働くことができる会社ということをお分かりいただけるかと思います。

オフィス紹介

多目的に使えるBreak Space

パレクセルは、社員がベストな環境で仕事ができるよう、職場環境の整備にも心を配っています。各オフィスに、写真のようなBreak Spaceを設けています。オフィスに出社した際、このカフェのような空間の中で、ランチタイムに仲間同士でランチをしたり、ちょっとした打ち合わせや会議を行ったりしています。

働く仲間

自分の意見をどんどん発信できるオープンで温かな企業風土

社長はじめ、社員全員が役職ではなく「さん」付けで呼び合うなど上下関係が緩やかです。どの社員も自分の意見をどんどん発言できる企業風土で、その権利も保障されています。また、仲間の支援や貢献に感謝を伝えるためのITツールも用意されており、社員同士「ありがとう」を言い合う文化が根付いています。

人事・人材開発制度

研修制度

■徹底した研修を経て現場へ ご入社後は、以下を網羅した構造的な導入研修を受講いただきます。 1.医薬品などの開発業務に携わる者としての倫理観について 2.臨床試験の意味、重要性について 3.臨床試験の科学的妥当性について 4.薬機法、GCP(臨床試験実施基準)など各種ガイドラインについて 5.データの信頼性を高める業務の進め方について 6.良好な人間関係の構築と円滑な仕事の進め方について 7.社会人としてのビジネスマナーについて また、CRA業務の一部である内勤業務を研修・OJTの一環として行い、マルチタスクが必要な場合のタスク管理のスキルなどを身に着けていただきます。 ■継続研修 導入研修後にプロジェクトに配属されますが、その後も入社2年目から6年目までは、成長段階に合わせた継続研修が提供されます。その内容は、実務に関する研修はもちろん、ビジネススキルやマネジメントスキルなど幅広いラインナップです。入社時のみならず、中長期的な視点に立った人材育成プログラムが用意されているところにも、人を大事にするパレクセルの姿勢が表れています。 ◇パレクセルの研修の特徴の一つは“双方向コミュニケーション”。講義を聴くだけではなく、グループワークやゲームなど「参加型」の手法が用いられており、受講者が飽きずに効率的に学べるよう工夫されています。 ◇研修を担当するのは、全員臨床開発経験を有する一流の講師陣。高品質のパレクセルの研修プログラムは、お客様からのご要望に応じ、複数の大手製薬メーカーの社員様向けにも提供しています。 ■Lunch & Learn 気軽に誰でも参加できる学びの場として”Lunch & Learn”というプログラムがあります。Lunch & Learnのテーマは幅広く、ビジネス英語講座やIT講座など実践的なものから、学会に参加した社員からの情報共有、外部講師を招いてのセミナー、世界各国のパレクセル社員が自国の文化を紹介するセッションなど多岐に渡っています。

社内制度

・社会保険完備 ・財形貯蓄 ・確定拠出年金制度(401k) ・教育休業 ・結婚、出産、育児、介護などの休暇 ・短時間勤務制度(育児・介護) ・育児・介護休業 ・在宅勤務制度 ・オフィス内でのドレスコード: オフィスカジュアル ・10以上の社内サークル (野球、フットサル、ランニング、テニス、バレーボール等)

福利厚生

・スポーツジム、整体、育児支援など福利厚生にかかわる費用補助(一人あたり年間2万円まで) ・東京薬業健康保険組合保有の施設、ライフサポート倶楽部の利用 ・EAP(従業員支援プログラム)外部機関によるメンタルヘルス予防/サポート ・長期所得補償プログラム

キャリアパス

新卒で入社する皆さんは、臨床開発モニターのEntry Level (CRA I)からのスタートとなります。経験を重ねながら、CRA II、 Senior CRAとキャリアの階段を上がっていくと、管理職へのパスはすぐ目の前にあります。 管理職の中でも複数のパスがあり、自身の適性や興味に応じて選択することができます。 ・プロジェクトをリードしたい方 → Clinical Operations Leader (COL) ・人の育成やPeople Managementに興味がある方 → Line Manager (LM) ・人材開発や教育に関心がある方 → Induction Manager (IM) パレクセルには、グローバルリーダーを目指すモニターには、”Fast Track”というプログラムがあり、「飛び級」も含め、若手がより早くリーダーに昇進できるよう支援もしています。 パレクセルにおけるキャリアの考え方は、"CEO of Your Own Career" . つまり、社員が自身のキャリアについて主体的に考えて行動し、マネージャーはそれをサポートする、ということを意味しています。 パレクセルでは、社員が自ら手を挙げて他部門の職種に応募することができる「社内公募制度」を導入しています。これにより、部門内で昇進する“縦のキャリアパス”だけでなく、別の部門へ異動する“横のキャリアパス”も可能となります。実際この制度を活用し、社内でダイナミックなキャリアチェンジをする社員の数は少なくありません。中には、自らの意志で海外のパレクセルに転籍した社員もいます。

企業データ

設立

1997年

本社所在地

東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー13F

代表者

日本における代表者:代表取締役社長 三木 茂裕

資本金

1,000万円

売上高

非公開

従業員数
約1,200名
(2021年04月現在)
事業所

東京: 東京本社(東京都中央区) 大阪: 大阪本社(大阪府大阪市中央区) 神戸: 神戸オフィス(兵庫県神戸市中央区)

募集・採用・雇用管理に関する状況

平均年齢

30歳

平均残業時間(月間)

4時間23分

女性比率
管理職:43.51%