ジブラルタ生命保険の企業情報

Eabb5200c1c936ff6e651dc468065cc2

ジブラルタ生命保険

生命保険会社

PRメッセージ

プルデンシャル・ファイナンシャルは、世界最大級の金融サービス機関のひとつです。140年以上の歴史を誇り、米国、アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカの拠点で活動し、世界40カ国以上の法人および個人のお客様にサービスを提供しています。プルデンシャルのシンボルであるジブラルタ・ロックを冠したジブラルタ生命は、生命保険を通じてお客様に心の平和をお届けすることを理念として日本で事業を行っています。 生命保険は時には数十年にわたるお客様との保険金をお支払いする約束であり、ITなしにその約束を守ることはできません。 このお客様とのお約束を確実に守るため、日々情報システムの拡充や刷新を行うのが、われわれITグループです。 金融業界ではFintechというIT技術を活用した革新的なサービスの提供の流れが加速しており、当社においても対応を進めていく予定です。 われわれの理念を共有し、お客様とのお約束を革新的な技術を駆使して一緒に守り育ててくれる、次世代のリーダーを当社は求めています。

私たちの魅力

事業内容

生命保険の魔法のチカラ

ジブラルタ生命という社名は、そのロゴマークとともに、ジブラルタ・ロックにちなんでいます。このプルデンシャル・ファイナンシャル共通のシンボルである"ジブラルタ・ロック"は、「安心」「信頼」そして時を経ても変わることのない「強さ」の象徴であり、ジブラルタ生命が、世界最大級の金融サービス機関、プルデンシャル・ファイナンシャルの一員であると同時に、お客さまに安心をお届けする、信頼に値する会社であろうとする使命を受け継いでいることも意味しています。 生命保険に込められた、人を幸せにする魔法のチカラを信じて、私たちは生命保険の真の価値をお客様にお伝えしていきます。

33ecda7ef49bf5ea1e42203cd6c2fc61
361a454af298ffbb65b0810f514d24d6
52d2443c3a4cfa0dc01c011240062504

私たちの仕事

金融機関におけるITテクノロジー 金融業界ではFinanceとTechnologyを融合した「FinTech」と言う言葉ができ、保険業界ではInsurance(保険)とTechologyを結びつけた「InsurTech」という言葉が生まれています。仮想通貨、○○○Payなど新しい決済サービスを活用したり、顧客がスマホを利用して自分自身で保険を設計できるようになっています。またIoTデバイスを活用し、健康増進プログラムの提供とその結果からのリスク計算に基づく保険料の減額を組込んだ保険サービスや全国から集めた医療BigDataとAIを活用したきめ細やかなリスク分析を行うことで、持病を抱える人でも加入可能な保険の提供が既に開始されています。保険会社というと堅いイメージがあるかもしれませんが、この様な激動する世界で、当社においてもInsurTechによる事業革新は喫緊の課題となっており、新しいアイデア、発想をもって、「InsurTech」を活用した新たなシステム・インフラアーキテクチャーの設計から構築までを実現していきます。 データセキュリティ 昨今のITサービスの品質・効率の向上に必須とされる「DevOps」という観点。我々は、ここにさらにセキュリティ(Security)を付け加え、開発初期段階からセキュリティを意識した「Sec+DevOps」の実現を目指しています。年々激しさ、難易度を増すサイバー攻撃に対応するため、日本だけでなく世界のPrudentialグループと連携しながら、日々セキュリティ強化に継続的に取り組んでいます。 先端テクノロジーのプロジェクト 5G、Hybrid Cloud、AI、ロボテック等の最新テクノロジーについては、シリコンバレー、ニューアーク、アイルランド(Prudentialグループの各拠点)と技術連携して構想をまとめ、リソースを要する実現局面においては、アジアを中心にオフショアで開発。ハイスピードが求められる市場分析を実現するには、BIとAIを融合した新しい分析環境が必要であり、グローバルな知識、観点を持ったエンタープライズアーキテクト、データサイテンティスト等、変革をリードするためのマインドを持ち合わせた人材を育成していくことも、我々の重要な仕事です。

3a653945d45946eb02d9d18fb53c9c27
3d266936f41782735c36aa5d0b7ce85f
77e82076cf541ac4c59c0062f628faaa

働く環境

社風

仕事とプライベートの本当の意味での両立を実現

ジブラルタ生命では、社員一人ひとりが安心して働ける環境づくりを行っています。   福利厚生はもちろん、育児支援や休暇制度などのワーク・ライフ・バランスを積極的に推進。 常に働きがいや生きがいを感じながら、仕事に取り組める職場づくりを目指しています。 そのための以下のような制度を用意しています!  ■13時~ 15時をコアタイムとした「フレックス勤務制度」   月間平均で1営業日あたり7.5時間の勤務時間となるように自由に勤務時間を調整できます。    プライベートの予定に合わせて働くことができます。  ■1年に1回、5営業日連続で休暇を取得できる「アニバーサリー休暇制度」 土日と併せた9連休で、趣味や海外旅行などを楽しんでいます。

A2be713746db051567c0e1e80b4bd683
4fef0f1f945aedd94cbc9a9431d93b60

オフィス紹介

広大な庭のある最新オフィス

ITグループのオフィスは今なお再開発が進み、注目度が高い品川にあります。 オフィスビルながら広大な庭と公園が隣接し、夕暮れが進むと東京タワーの夜景が目を楽しませてくれます。セミナーやイベントが開催されるセミナールームやカフェテリアも充実しています。

2b7045f127e2c385b64a95c8d0e48af1
2297810d5c8947a2cc433ab0c100081c
241e557e89e22607ad64ff91ab0791b6

職場の雰囲気

One Team

性別・年齢に関わらず、誰もが活躍できるダイバーシティ ジブラルタ生命ITグループでは、 働くすべての社員を応援しています! ダイバーシティを推奨し、育児休暇の男性取得、複数回取得、女性管理職、ママさん管理職も増えています。  ■育児支援として育児休業(育休)取得を積極的に奨励   ■職場復帰後も、保育園への送迎などがしやすいように、出退勤時間を短縮できる「時短勤務制度」  ■通勤時間のロスを削減し、育児にも仕事にも最大限取り組めると、社員からも好評の在宅勤務の実施 ジブラルタ生命ITグループでは、社員みんなが助け合いながら、成果を出せる、成長できる、そんな環境を目指しています。

4f69700d1ed9f8b89c28cfcca2624110
3c2089d0bd7f90fc40f44dd1e2e0f184
2a0933acc2efda6a91a5b35e36061d18

働く仲間

アットホームでフラットな社風

当社では、コアバリューを共有した仲間がアットホームな社風を作っています。 また、年齢や勤続年数に関係なく、その人の貢献が評価されるフラットな制度の下で、 それぞれの社員が主体性と目的意識を持って働いています。 ベテランから若手まで、200名以上の社員が一つのロケーションで仕事をしています。 ■ボストンキャリアフォーラムで採用された先輩社員 村上聡平(2019年入社) 日本の高校を卒業後、ハワイの大学に進学し、コンピューターサイエンスを学びました。その知識を活かせる仕事に就きたいと考え、IT業界に絞って就活する中、「ボストンキャリアフォーラム」のサイトでジブラルタ生命と出会いました。 そして、ボストンでの面接を通じ、ジブラルタ生命ITグループでは、会社のビジネスに役立つ様々なシステム開発に企画段階から運用まで一貫して携われると知り、「この環境なら、幅広く技術を磨きながら専門性を高めていくことができる」と感じて入社を決意しました。また、面接時に社員の方々に一体感を感じ、安心して働けそうだと思ったことも大きかったです。 入社後は、OJTという形で古いシステムを新しい技術に刷新するプロジェクトに携わっています。実務では、大学の勉強で触れることのない高度な知識や技術を要することが多々あるので、新しいことに挑戦できる喜びを感じながら、スキルアップを図る日々を送っています。 今年の秋からは、アイルランドにあるプルデンシャルのグループ会社で最新技術研修を受ける予定になっています。多くのことを吸収し、帰国後は率先してビジネスに活かしていけるよう、しっかり学びたいと思います。

6cb5de798ad1bfaadd2d3b04adf32fac
A1fb8cede289ef022fc0945574e7be19

人事・人材開発制度

研修制度

成果達成のために何をすべきか社員一人ひとりが自ら考え、行動する自律した社員になって欲しい。 ジブラルタ生命では、当社の社員として必要な知識・スキルを習得する各種研修を提供しています。

福利厚生

時差出勤制度、有給休暇制度、アニバーサリー制度等

企業データ

設立

2001年4月3日

本社所在地

〒100-8953 東京都千代田区永田町2-13-10

代表者

添田 毅司(そえだ たけし)

資本金

755億円

売上高

保有契約高:37兆1,015億円 (2019年3月末現在)

事業所

8営業本部83支社677営業所 (2019年6月1日現在)