サイネオス・ヘルス・クリニカルの企業情報

サイネオス・ヘルス・クリニカル

CRO (Contract Research Organization/ 医薬品開発業務受託機関)、薬品、コンサルティング、医療サービス

PRメッセージ

サイネオス・ヘルスは2017年に誕生した会社です。臨床開発に定評のあるINCリサーチと前臨床から上市後まで一連のサービスを提供していたインヴェンティヴ・ヘルスが合併、世界有数のソリューション企業としてバイオ医薬品企業の皆様にサポートを提供しています。ここ数年で日本のライフサイエンス業界でもトップレベルに入る規模に成長した弊社ですが、まだまだ成長が続いています。その多くがグローバルで受注する臨床開発プロジェクトからの収益に支えられており、安定感の中にも刺激の尽きない、進歩的な環境が私たちの誇りです。 大手製薬メーカーの製品パイプラインに加え、世界最先端のバイオ医薬品開発をICCC(国内治験管理人)として受注、日本では馴染のない作用機序や海外の先進的なアプローチを肌で学び、自らの成長に繋げて行くことができる会社です。 アメリカだけではなく欧州やアジア各国の社員で構成された多国籍企業。バイオ医薬品開発は国際共同治験が主流となっており、弊社も会社組織等の根本的なレベルからグローバルを目指しています。国や地域、言語や文化にとらわれず、一人一人と平等に接する大らかな雰囲気を大切にしています。 世界Top3の収益を誇る弊社では、世界110ヶ国に展開し、24000人以上の従業員がプロフェッショナルとして活躍しています。過去5年間に米国で新規に承認された医薬品の91%以上にサイネオス・ヘルスの臨床開発やコマーシャルソリューションの提供が寄与しています。 新しさ=未来、サイネオス・ヘルスが目指すのは完成された事業ではありません。私たちは新しい会社ですが、クライアント企業や治験実施施設の方々と進化を続ける為、常に新しく在りたいと考えています。それが患者の皆さまや社員たちの毎日に、少しでも多くの実りをもたらすと信じています。

私たちの魅力

事業内容

アンメットメディカルニーズへの挑戦、世界最先端医薬品開発のAtoZを経験

サイネオス・ヘルス(NASDAQ:SYNH)は、業界で唯一、横断的なバイオ医薬品ソリューションを提供する会社です(自社調べ)。私たちは、現代のマーケットの期待に応えようとするお客様に対し、お客様のパフォーマンスがより加速することを支援する、医薬品開発業務受託機関(CRO)およびコマーシャルビジネス受託機関(CCO)です。 業界をリードするINC ResearchとinVentiv Healthの2社の合併によって設立された弊社は、クリニカル事業とコマーシャル事業の知識と経験を備えた24,000人以上の社員を、世界110ヶ国以上の拠点に擁し、お皆様をサポートいたします。 私たちは2事業が連携して知識を共有し、最新技術を駆使して、先進的なビジネス プラクティスを用いることで、お客様の持つ大切な治療薬を患者様の元に届ける支援をします。 サイネオス・ヘルスでは、クライアント企業の多様な製品や要件に応じて、Fit-for-purpose(目的に適った)CROソリューションを提供しています。新しいプロセスとテクノロジー、疾患領域に関する専門知識とコマーシャル・インサイトへのアクセスを駆使して様々なニーズに対応、承認および製品化の可能性を高めるため、より迅速かつ効率的な開発環境を実現します。 弊社が築き上げた治験実施医療機関との強固な関係は業界内で広く認知されています。2013年、2015年、2017年にCenterWatch Global Investigative Site SurveyでグローバルCROトップ10の中から「一緒に働きたいトップCRO」として選出され、また2017年にはSociety for Clinical Research Sites (SCRS)のイーグル・アワードを受賞しました。 ★サイネオス・ヘルス・クリニカル新卒サイト  http://syneoshealthnewgrads.com/

私たちの仕事

一年前、INC ResearchとinVentiv Healthは業界で唯一、真のEnd to End Solutionを提供する企業、Syneos Healthとして生まれ変わりました。以来、弊社はクリニカルからコマーシャルまでを一貫して提供できるグローバル企業として世界に知られています。最先端の科学やデータ、ビジネステクノロジーを駆使し、バイオ医薬品開発の本質的発展をめざします。 ■BAM (Biopharmaceutical Acceleration Model) 他社と一線を画すサイネオス・ヘルス独自のビジネスモデル サイネオス・ヘルスではクリニカル事業とコマーシャル事業が一つ屋根の下で協働し、現場の知識とインサイトを常に共有し合うことで、よりスマートかつ迅速なサービスを提供することを追求しています。 一丸となって創りあげること新しいコンセプトを弊社は、「バイオ医薬品のライフサイクルを加速させるビジネスモデル」、BAM (Biopharmaceutical Acceleration Model)と呼んでいます。 ■The Trusted Process 業務を確実に遂行するために開発された、実績のある予測性の高いプロセス サイネオス・ヘルスは10年以上前に、計画・問題解決・実行の管理手法としてTrusted Processを開発しました。BAMの土台をなすこのメソッドは、弊社が提供するサービスを確実に遂行するために、全社統一の枠組みとして役割を担っています。再現性・信頼性が高く予測可能なTrusted Processは、開発における重要なマイルストーンを業界平均より速く達成していることを弊社の臨床試験の実績で証明しています。 ■Real World Evidence(RWE) リアルワールド・エビデンスへの熱意 リアルワールド・エビデンス(RWE)の時代に生きている今、エビデンスが持つ重みや戦略的にエビデンス管理することがどれほどビジネスにインパクトを与えるか、その重要性は日々思い知らされます。膨大なデータ量や急速な技術進歩、21st Century Cures Act、そして真の患者中心の治療への高まりなどを背景に、薬事関係者のみならず業界全体においてもRWEの活用は広まっています。サイネオス・ヘルスは数十年にも渡るRWEの経験とインサイトをもっています。弊社は、クリニカル事業とコマーシャル事業間における一連のインサイト共有を積極的に行っている組織であるため、全体とかかわる弊社RWEのユニークなアプローチが、薬事からオペレーション、そして患者アドヒアランスに至るまで、各ソリューションをより活かしています。 ■疾患に関する豊富な知識 領域に特化した組織体制だからこそ可能なインサイトを提供 サイネオス・ヘルスは疾患領域に対する高度な専門性の基に成り立っています。弊社ではCRAからトップマネジメントまで、その領域の専門知識を備えたメンバーでチームが構成されます。この組織体制にすることによって、治療環境、同領域の他製剤状況、また患者様に対する深い洞察が得られ、より早く、より良い結果をもたらします。

働く環境

職場の雰囲気

Multinationalな社風と働きやすさを徹底した環境

役員レベルでワーク・ライフ・バランスと社員エンゲージメント向上にコミット、最高のパフォーマンスを発揮かつ最速の成長ステップを歩めるようデザインされたオフィス、参加プロジェクト数を調整することで特定プロトコルに集中して学べる体制、フレックスタイムや在宅勤務制度で柔軟な働き方と創造性を後押しします。 臨床開発以外にもコンサルティング要素の強いリアルワールドや、様々なライフイベントに対応し得る内勤ポジション(Study Start-up & Regulatory, Project Management Specialist等)、他にもMedical Science Liaisonや新薬ブランディング/マーケティングに係る業務等の多彩なビジネスを展開、全世界のオープンポジションは社内公募システムに掲載されて自由に応募することが可能です。

オフィス紹介

日本法人本社はエコインフラで注目を集める品川シーズンテラスに所在

日本法人本社は品川シーズンテラス27階に所在しています。 眺望抜群のオフィスでバイオ医薬品の未来が育まれています。

人事・人材開発制度

研修制度

導入研修及びOJT、自己啓発支援(英語及び資格取得)

社内制度

フレックスタイム制度、在宅勤務制度

企業データ

設立

2007年8月15日 インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社設立 2013年4月1日 INC Research Japan(株)設立 2018年7月1日 INC Research Japan(株)とインヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社が組織再編を実施し、クリニカル事業がINC Research Japan(株)に集約され、同社はサイネオス・ヘルス・クリニカル(株)に会社名を変更。

本社所在地

東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス27階

代表者

代表取締役 ポーター・ミランダ・マン

資本金

非公開

売上高

非公開

従業員数
約24000人
(2019年01月現在) グローバル連結
事業所

東京都、大阪府

募集・採用・雇用管理に関する状況

平均残業時間(月間)

14.91時間

平均有給休暇取得日数(年間)

10.2日