三井不動産の企業情報

三井不動産

総合デベロッパー

PRメッセージ

私たち三井不動産は、日本を代表するデベロッパーとして、豊かで潤いのある「経年優化」「環境共生」の街づくりに取り組んでいます。 日本の価値を世界へ発信する独創的な複合開発「東京ミッドタウン」をはじめ、歴史や文化を保存・再生しつつ新たな価値を創り出している「日本橋再生計画」、公・民・学の連携で実現される全世代対応型の街づくり「柏の葉スマートシティプロジェクト」など、幅広い領域において、街づくりを推進しています。 また、グローバルな視野で顧客のパートナーとなることを目指し、積極的に海外事業を展開しています。様々な商品セグメントや幅広いバリューチェーン、街づくり型の開発など、当社の強みを活かしつつ、現地に精通するパートナーとタッグを組み、海外事業をさらに拡大していきます。

私たちの魅力

事業内容

生活空間をプロデュースする総合デベロッパー

・オフィスビル事業  ・商業施設事業  ・住宅事業  ・ホテル・リゾート事業  ・不動産ソリューションサービス事業  ・海外事業  ・物流施設事業 ・ベンチャー共創事業 その他

私たちの仕事

「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念を表す「&」マークは、都市に豊かさと潤いを創り出していくという私たちの意思を表しています。 三井不動産では、常に新しい価値を創造する企業風土「パイオニアスピリット」と「チャレンジマインド」をもって、日本初の超高層ビル「霞が関ビルディング」を落成しオフィスビルの新時代を切り開くなど、常識を打ち破る発想と行動を信条としています。社員数が少なく若い時期からプロジェクトを任せられるので、個々が目標と意志を持って積極的に行動しています。 また、「街づくりを通した持続可能な社会の構築の実現」「テクノロジーを活用した不動産業のイノベーション」「グローバルカンパニーへの進化」を掲げ、新たな価値創造に取り組んでいます。海外事業を飛躍的に成長させることを成長戦略の1つと位置づけ、欧米およびアジアにおいて、大規模案件を含めた街づくりを積極的に推進しています。

働く環境

人事・人材開発制度

研修制度

社員それぞれの役割や能力、個人の能力伸長の度合い等に応じて、社会人としての素養から専門的スキル・経営意識の共有まで、体系的かつ多様な研修プログラムを設けています。 また、当社の経営戦略の柱のひとつである海外事業や国内においても進むボーダレスなマーケット等、グローバルに活躍できる人材を育成するため、海外派遣研修や語学プログラムを実施しています。(若手・中堅グローバル研修、トレーニー制度など)

福利厚生

■フレックスタイム制 ■夏季特別休暇、有給休暇、フレッシュアップ休暇 ■育児休業制度、介護休業制度 ■事業所内保育所 ■カフェテリアプラン(旅行での宿泊費や交通費に対する補助、ベビーシッター費用に対する補助など) ■借家手当 ■家族手当 など

キャリアパス

数年おきにジョブローテーションを実施しています。担当業務に専念し「専門性」を高めつつ、複数領域の業務を経験させ本人の経験・知見をさらに厚くすることで、常に変化し続ける環境に適応できる社員と組織の形成を目指しています。

企業データ

設立

1941年7月15日 

本社所在地

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-1-1

代表者

代表取締役社長 菰田 正信

資本金

339,766百万円(2019年3月現在)

売上高

連結 1兆8,611億円  ※2018年度実績

従業員数
1,577名
(2019年03月現在)
事業所

本社/東京 支社/大阪 支店/札幌、仙台、千葉、横浜、名古屋、京都、広島、福岡 海外拠点/ニューヨーク、サンフランシスコ、ホノルル、ロンドン、シンガポール、上海、北京、広州、香港、台北、クアラルンプール、バンコク、シドニー、ロサンゼルス