NEW YORK MUTUAL TRADING, INC.'s Corporate Profile

Japanese | English
Home Career Forum U.S. Career Forum 2018 NEW YORK MUTUAL TRADING, INC.'s Company Profile
7dbf9eba30ca06668ccc28552e6ff166

NEW YORK MUTUAL TRADING, INC.

Premier Japanese Food Importer and Distributor

Company PR

「パイオニア精神」を持った米国日本食ビジネスの先端を走る共同貿易グループ ●モットー:Bringing the Flavors of Japan to the People of the World 日本の味を世界の人々に 1926年にLos Angeles在住の日本人が「共同出資」して始まった共同貿易グループは日本食ビジネスのパイオニアです。1970年代、米国に寿司が広がる礎を築いたのが共同貿易グループです。「アメリカ人でも寿司を食べるのでないか」と当時では考えられない発想で、他社に先駆け鮮魚を日本から空輸したのが故金井紀年会長。その後Los Angeles界隈でたくさんの寿司屋の立上げを会社としてサポートし、みるみるうちに寿司がSUSHIとして全米に広がっていきました。故金井会長はその功績から二度、日本国より叙勲を授かっています。 そのパイオニア精神は共同貿易グループのDNAとして流れています。1970年代より「日本酒」に注目。宝酒造と一早く提携し、カリフォルニア製造を後押ししました。1990年代後半には地方の有名地酒の本格的輸入を開始。獺祭、菊水、八海山、久保田等日本のトップ企業の米国での販売権を得て行きました。共同貿易は米国における「日本酒のパイオニア」と言われております。日本酒の更なる広がりを目指し、Sake School of Americaを自社で運営しています。 2008年には「包丁、陶器等をより広める」目的でマンハッタンにMTCKITCHENストアをオープン。「レストランシェフの為のプロショップ」を合言葉に、今ではミシュラン三ツ星シェフが通うストアに成長しました。2012年にはecommerce、mtckitchen.comを開設しました。「パイオニア精神」でビジネスを通して日本食文化をこれからも世界に広めていく企業であり続けます。

Who We Are

Business Profile

日本の味を世界の人々に ~Bringing the Flavors of Japan to the People of the World~

●日本食総合卸売企業 共同貿易グループのビジネスの基本は「日本食材・厨房器具の輸入・卸売業」です。一見地味に聞こえる事業かもしれませんが、今最も注目されているビジネス業態の一つです。日本食レストランビジネスは世界で大きく広がっており、現在では日本食レストランの数は米国で25,000店と言われております。この数は米国内のマクドナルドとスターバックスを合わせた程度と言われています。これらのレストランに食材をお届けてしているのが共同貿易です。共同貿易は、食材、日本酒、シェフ向けの調理器具全ての商品を揃えた唯一の「日本食総合卸売企業」です。 ●日本食フードサービス#1を目指して 弊社は卸売の中でも「フードサービス分野」にフォーカスしてきました。「フードサービス」とはレストラン、テイクアウト、ケータリングといった分野です。スーパーマーケットや小売店で弊社の商材はあまり見ないかもしれませんが、レストランの裏側では共同貿易の商材が多数並んでいます。「米国日本食フードサービス業界で#1になろう」という大きな野望を持って日々業務に取り組んでいます。

787ebead2672a108655416710286aa26
958d446c56a2b9fe012bd08c7cb2c7b3
056dc066da8617a594dfd4c0ff738a87

Vision / Mission

日本食ビジネスを通して日本食文化を広める集団

共同貿易グループは日本食材を販売、広げて行く過程で、「日本食文化を広めて行く」事を共に実践してきました。まず他社にない様々な食材の輸入に着手。例えば今では米国の寿司になくてはならないロール寿司。のりの代わりにピンクや緑のシートが使われますが、一番最初に大豆シート「まめのりさん」の販売を開始したのが共同貿易グループです。 食ビジネスは利益の追求と共に関わる皆様がその文化を理解しないと大きく広がっていきません。90年の歴史の中でその事を学んだ共同貿易グループは独自で下記二つの学校を運営しています。 Miyako Sushi and Washoku School:本格和食の技術、作法を教える学校。Los Anglesでの有名店Katsuyaレストランと共同経営。 https://www.miyakoschool.com/ Sake School of America:日本のSake Service Institute (SSI)のプログラムを基本に日本酒アドバイザー、ソムリエの資格を授与する学校。今までに1,000人以上のアメリカ人が日本酒アドバイザーの資格を取得しています。 https://www.sakeschoolofamerica.com/

Service / Product Features

業界のトレンドを先取る「レストランエキスポ」の開催

弊社では毎年一回弊社主催の「レストランエキスポ」を開催します。弊社の取引業者100社以上、レストラン業界のお客様約2,000名がお越しになります。このエキスポでは日本食業界のトレンドを先取りした企画。セミナーを多数行います。例えば過去には有名ラーメン会社K社長にお越し頂き、「レストラン経営の真髄」についてお話し頂きました。またミシュラン星有名シェフにお越し頂き「OMAKASE寿司の極意」について説明していただきました。また参加する取引業者様とは出展段階から商品企画をし、お客様に魅力のある商品紹介を行います。このような取り組みは全て弊社社員で考え、企画し、自ら実践します。その過程で日本食業界の様々な動向を学び、一人一人が「日本食のプロ」に成長していきます。

787ebead2672a108655416710286aa26
2a477d66e07f2e9b393573d3e1c781bb
D8650873781206982f04d3fe14607cb2

What We Do

●お客様に「ソリューション」を提供する企業として、一個人として成長していく会社で在り続ける 食材、日本酒、シェフ向けの調理器具全ての商品を揃えた唯一の「日本食総合卸売企業」である弊社は「日本食レストランをオープンしたい」お客様に食材から雑貨まで全てを揃える事が出来ます。弊社ではお客様に物を売るだけでなく「ソリューション」を提供出来る企業、一個人になるよう日々励んでいます。 「より良い料理を出すにはどのような食材が必要か?」 「お酒の売上を上げるにはどうしたら良いか?」 「日本酒の魅力をお客様にどのように伝えればよいか?」 「食材の素材を壊さない包丁はどれか?」 「料理がより生える陶器はどのようなものか?」 これらのレストラン、シェフの皆様の疑問、質問、ニーズにお応え出来るのが共同貿易グループです。その為社員一人一人にはより高いレベルで商品を学び、伝える事が要求されます。卸売とは食材を右から左に動かすだけの事業ではありません。商材の販売を通してお客様がより繁栄するお手伝いをする仕事です。

Bbbdad0eb947edefa95bb095987a128b
867e541e3e33e761d801ae8be23cb08d

Work Environment

Work Environment

2014年に新オフィス、倉庫に移転。緑に囲まれた爽やかな環境。

●自然光をたくさん取り入れた、コミュニケーション活発なオフィス 事業拡大に伴い2014年に現在のSecaucus NJオフィス/倉庫に移転。新オフィスのコンセプトは「自然光をたくさん取り入れた、コミュニケーション活発なオフィス」。会議室はガラスの敷居にする事で、外からの自然光がオフィスの中まで入ります。また部署間の敷居を極力なくし、皆がコミュニケーションをしやすい環境を実現しました。 ●緑に囲まれた爽やかな環境 オフィスの周りは木々に囲まれた緑豊かな環境。秋には綺麗な紅葉になります。 ●マンハッタンから10分の便利なアクセス SecaucusはマンハッタンよりNJ Transitで一駅、車で10分とアクセスも便利。

45afd339cb0fdc3461a639ac6a3c64bb
E313b8a593818c6cc0f174297990a075
Dd9a71296b2c06ad20bbd45514a3803e

Future Team Members

「向上心」「自ら考え、行動する」個人の集まり

共同貿易グループは、日本食フードサービスの#1を目指す企業です。広がる日本食ビジネスの「先頭に立とう!」という気概のある社員が集まっています。また週二回、商品の検討、勉強会を行います。必然的に商品について学び、理解する機会が備わっています。しかしそれをお客様にどのように伝え、販売して行くかは個人次第。各自が工夫を凝らしてお客様に提案をしていきます。「学びたい」「向上したい」という個人には楽しい環境です。 「自ら考え、行動する」社員が集まっている事も共同貿易グループの特徴です。共同貿易グループがパイオニアである一つの理由に「現場で考え、判断する」事があります。商品検討、開発はLA, NYと各現場に決定権があります。本社が決めた商材を売る、という指示待ちではパイオニアにはなれません。自ら市場の流れ、動向を感じとり、ビジネスに活かしていく気概が共同貿易グループの社員には求められます。

A5d1c22da52a8423ed432d8f92c49415
B2f9d268399f8cdcdc8a46c23d6a82c2

HRD System

Training Programs

新入社員研修制度:新入社員は入社から一か月間倉庫と営業研修を行います。          倉庫に自ら入ってもらう事で商品を学び、物流の流れを把握します。 日本酒アドバイザーコース:勤務開始から一年程すると受験資格があります。 日本酒酒蔵研修:選択された社員が、提携先の酒蔵に研修。日本酒の仕込みを二日間学びます。

Benefits

健康保険(Medical,Dental Vision,Life) 有給休暇、Sick Day、401K、Profit Sharing

Company Information

Year Founded

1926年:共同貿易グループ本社 ロサンジェルスにて設立 1974年:ニューヨーク共同貿易(NYMTC) ニュージャージー州に設立

Headquarters

77 Metro Way, Suite 1 Secaucus, NJ 07094

President/CEO

代表取締役社長:山本耕生 代表取締役副社長:釣島健太郎

Capital

$5.6 Million

Number of Employees
148名 (ニューヨーク共同貿易のみ)
(as of 2018/03) 正社員:148名 パート:3名 派遣社員:約50名
Office Locations

New Jersey Washington DC Boston Manhattan (Retail Store)